これからを生きるわが子に、
幼児教育の新スタンダード Kids Duo International キッズデュオ インターナショナル
― バランスの良い6つのカリキュラムとは? ―

PR 株式会社 やる気スイッチグループ

社会の急激な変化に伴い、子どもたちを取り巻く教育環境も変革の時を迎えています。

2020年に控えた教育改革では、これまでの「知識や技能の習得」にウエイトを置いた教育から、「思考力・判断力・表現力をそなえ、主体的に深く学ぶ教育」へ転換しようとしています。

この教育改革が影響を及ぼすのは、義務教育以上の教育を受ける子どもだけではありません。教育改革の変化を見据え、乳幼児期からの早期教育がより一層重視されるようになってきているのです。

今後益々激しい変化が予想される現代社会。そんな社会を生き抜く我が子に何をしてあげられるのだろう、幸せな人生を歩んでもらうために何を与えてあげればよいのだろう……それはすべての親に共通する悩みなのではないでしょうか。

私たち親は、子どものことを思うあまり、彼らのためになることを“自ら”選んでしまうことが多くあります。しかし大切な乳幼児期に、子どもの苦手なこと、嫌いなことに長い時間を費やしてしまったとしたら──?

私たちが今本当に子どもにしてあげるべきことは、彼らが自分のやりたいことを、「自ら考え、判断し、主体的に選び取れる力」をつけてあげることなのではないでしょうか。

子どもの「好き」や「得意」を見つけ、個性を尊重しながら「自分力」を育む幼児園として近年多くの支持を集めているのが、バイリンガル幼児園キッズデュオインターナショナル(Kids Duo International:以下KDI)。今回は、未来志向のカリキュラムを取り入れた最先端の教育施設、KDIを紹介します。

目次

KDIが育む「自分力」とは?

KDIは、2歳から6歳までの子どもを対象に、成長に合わせた幼児教育と保育を提供する幼児教育施設です。

KDIの使命は、「自分力で生きるひとを育てる」こと。「自分力」とは、自らを信じて行動し、社会の中で自分が輝く場所を作り出す力のことを指しています。

変化が激しく、不安定な時代。だからこそ、たくましく果敢に己の道を切り拓く「自分力」を身につけることにこだわり抜いた教育を提供しているのです。

KDIがとことん「自分力」にこだわり、4年もの長い時間をかけてその力を育んでいるのはなぜなのでしょうか。それは、これからの社会で求められるのは「一点で突出した能力を持つ、自分力を持つ人」だから。

グローバル化と多様化が進む現代では、自分で考え、自分で決めて、自分で行動する「自分力」が必要です。だからKDIでは、将来激しい競争に勝ち残るために必要になる「自分力」の育成に力を入れているのです。

英語教育も知育も体育も!?自分力を育むための教育環境

“International”と聞くと、日常生活のすべてのコミュニケーションが英語で行われる「インターナショナルプリスクール」を想像する方も多いかもしれません。しかし、KDIでの教育は英語だけに特化したものではありません。

バイリンガル教育を中心に知能教育・運動教育など「自分力」を育むための充実のカリキュラムが提供される一方で、預かり時間は7:30~20:00(延長預かり含む)。KDIは、豊富な種類の幼児教育と質の高い保育をすべてひとつの園舎内で受けられる、働く親にとってとても魅力的な幼児園なのです。

KDIが提供しているカリキュラムは、大きく6つ。それらをバランス良く学ぶことで、理解力・身体能力・想像力などのさまざまな力が身につき、「自分力」を育てることにつながっていきます。

バイリンガル教育

英語が話せるのが「当たり前」の時代を迎えようとする今、KDIがもっとも力を入れているのがバイリンガル教育。英語教育を通して、「真の国際人」としての素地を育むことを目指しています。

第二言語を習得する臨界期にあたる幼児期に、KDIの子どもたちは「英語のシャワー」を浴びて過ごします。日本語クラス以外のほぼすべての時間に英語に触れることで英語や外国人への抵抗感をなくし、英語で考え発信する力を楽しみながら身につけていくのです。

英語教育に力を入れる一方、KDIでは日本人としてのアイデンティティを持つことも大切にしています。そのためにKDIが行うのは、ネイティブ教師とバイリンガルの日本人教師が連携した授業

ネイティブ教師と日本人教師がともに接する授業で、日本人としてのアイデンティティや母国を深く知ることも大切にする。だから、生きた英語を身につけ、異国の文化も尊重できる「バイカルチュラル(Bicultural)」な真の国際人を育成することができるのです。

知能教育

人の脳は幼児期に急速に発達し、3歳までに成人のおよそ80%、10歳ごろには成人とほぼ同等になると言われています。つまり、KDIで過ごす2歳~6歳はまさに脳が急成長する「黄金期(ゴールデンエイジ)」

学習に最適なその時期に五感に刺激を与えることで脳がバランス良く発達し、将来の学習意欲や人間形成の土台がつくられると考えられています。

KDIの知育のカリキュラムは、子どもたちが「学ぶことが楽しい!」「考えることが好き!」と思えるものばかりです。正三角形・台形・ひし形などさまざまな形をしたブロックを組み合わせながらお手本と同じ図形を作っていくパターンブロックの授業は、まるで「考える遊び」!

子どもの「なぜ?どうして?」「やってみたい!」の気持ちを大切にしながら、バランスの良い脳の成長を促し、豊かな創造性や柔軟な思考を育てます。

運動指導

KDIでは卒園までに小学校3年生レベルの運動能力を身につけることを目指しています。

KDIが運動教育にも力を入れる理由は、成長期の脳への刺激が、未来の運動能力と学力を左右するから。脳や末梢神経は6歳までに大人の8割に達すると言われており、この間に脳を活性化させることが将来の運動能力や学力に大きく影響すると考えられています。

卒園までに小学校3年生レベル、というのは一見ハードルの高い目標にも見えますが、KDIに通う子どもの中には、体力測定で小学校高学年レベルを記録する子もいます。高い身体能力の秘密は、神経系の発達に効果的なカリキュラムを取り入れていること。

ただ楽しく身体を動かすだけではなく、走る・投げる・跳ぶなどのスポーツに必要な動作をどれくらい身につけられたのかを定期的に見える化し、一人ひとりの子どもにとって最適な運動指導を行っています。

職業体験プログラム

Learning Stationsは、「はじめての社会体験」を英語で行う職業体験プログラム。

園内に設けられた銀行・パン工場・スーパーマーケットなどの専用ブースで、子どもたちが造る・勤める・商うなどの基本的な社会生活を楽しみながら、実践的な英語を身に着けています。

KDIがこの職業体験に込めた想い、それは、社会での役割、仕事の尊さ、両親への感謝の心を学んでほしいというものです。

本物の「仕事」と「社会」を知ってほしいから、ときには、園から飛び出し実際の仕事を見学したり、専門職の方をゲストに招いてお話を聞いたりすることも。

さまざまな角度から世の中の仕事を知り、実際に体験してみることが、子どもが自分の本当に好きなことや興味を持てることを見つけることにつながっていきます。

しつけ教育

KDIのしつけ教育では、段階的に学年に合わせたしつけ指導を行います。

年齢に合わせた所作を習得することは自分力を高めるために重要な要素のひとつです。KDIで身に付くルールは、日常生活のルール、対人関係のルール、集団生活のルール、社会のルールの4つ。

それぞれのルールを年齢に合わせて身につけていくことは、自分力を育むベースになると考えています。

小学校受験指導

KDIでは、課外授業として受験対策も行っています。年中クラスでは、鉛筆の持ち方、ペーパーでの取り組み、制作、絵画、表現など受験に向けた土台作り。年長クラスでは、より本番を意識した、受験への対応力の強化をはかります。

たくさんの経験をしてほしい、だからKDI

変化や競争がますます激しくなっている昨今。だからこそ、幼児期の子どもたちには「何かひとつを突き詰める」のではなく、生きるためのベースとなる能力をバランス良く身につけて、自らを信じて行動する力、「自分力」を育んでいってほしいですよね。

しかし、英語力・知能・運動能力のそれぞれを、習い事に通わせながらバランスよく高めていくことは簡単なことではありません。

たとえば教室探し。多くの教室の中から、子どもに適した教室を選ぶのには、時間も手間もかかります。たとえば、送迎。忙しい親にとって、毎日の送り迎えは時間がもったいない。そして、レッスン代。複数の習い事をすれば、その分経済的な負担も大きなものになってしまいます。

そのような負担がないのがKDI。バイリンガル教育、知能教育、運動教育の3つのカリキュラムを通して、KDIの授業の中で能力が身につくから、英会話スクールや知能教室に通う必要も無し!時間的にも経済的にも無駄がありません。

もうひとつの大きな魅力は、KDIで一緒に生活をする先生たちのもとで能力を伸ばせること。個性を大切にしてくれる先生たちに見守られながら、子どもの「出来た!」「得意!」が増えていく。私たち親にとって、なによりも安心できる環境ですよね。

「自分力」を育むことにとことんこだわったKDI。未来をたくましく生きていく力を培ってほしい、と願う方は、まずは説明会に訪れてはいかがでしょうか。

入園説明会のエントリーはこちらから!

Kids Duo International では入園説明会を実施しています。 専用WEBフォームからの事前予約制(先着順) となっておりますので、以下のページより日程をご確認の上ご予約ください。

入園説明会 WEBエントリーページへ
バイリンガル教育

英語圏の文化と日本の文化に触れることで、双方の良いところを合わせ持ったアイデンティティーを育み、真の国際人となるための土台を築きます。

Learn more
知能教育

五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)教育を通じてさまざまな刺激を子どもたちに与え、脳全体が等しく発達することを目指しています。

Learn more
運動指導

バイオメカニクスの研究成果を基に考案された運動指導で、将来どんなスポーツをする場合にも役立つ、いわば運動神経の礎を身につけます。

Learn more
職業体験プログラム

職業体験を通じて、社会性や協調性、達成感や喜びを学ぶことで、将来にわたり素晴らしい学校生活・社会生活を送るための土台を築きます。

Learn more
小学校受験指導

多数の実績に基づく豊富な情報をもとに、専門スタッフが徹底分析した志望校別カリキュラムが、お子さまを第一志望合格へと導きます。

Learn more
しつけ教育

教師が一方的に押し付けるのではなく、子どもたちが自主的に、互いに声を掛けあいながら、園生活の中で自然に身につく環境づくりを目指します。

Learn more